地肌に対する気遣いができていない

地肌に対する気遣いができていない

薄毛の解消を実感している20代男性の私です、他の方にも紹介をしたいので、記事を執筆中です。他にも20代男性の方で薄毛を改善したいと考えているのに、育毛剤の使用に踏み切れずにいる方がいれば、参考にしてくださいね。

 

私は20代の男性で「薄毛」に10代の頃から悩まされております。

 

「薄毛」になんて自分はならない。と思っていられる方はいると思いますが他人事ではありませんよ。最近、若い人の中でも「薄毛」の人が多いそうです。

 

これは「男性、女性問わずに頭が気になる。」という人が年々増えてきています。

昨今では日本の食文化がアメリカの食文化に寄っていった食生活の変化だと考えている方もいるそうですが私、個人の見解では上記の食生活もあると思いますが若い人は特に髪を脱色したりして、分かってはいても地肌に対する気遣いができていないと思います。

 

「薄毛」は決して他人事では無く身近な事だと読んでいる方に伝えていけたらなと思います。

 

私は、16歳くらいから「薄毛」が気になっていました。

 

特に頭頂部は年々薄くなっていきましたがまだ、幼かった故に「育毛剤」などを使うのが恥ずかしくて何も対策しやずに放置していました。

 

特に辛かったのが、座っている時に上から頭頂部を見られるのが気になってしまいストレスを感じてしまっていたことです。

 

私は、日が経つ毎に「薄いのをバカにされてる」と被害妄想をして段々と精神も疲弊していきました。

 

そして何も対策しないままに20歳を越えました。

 

20歳を迎えて、このまま髪がなくなる前に「薄毛」を克服したい。という気持ちが強くなり色々な方法を試しました。

 

まず、試したのが「ジョギング等の軽い運動」です。

 

新陳代謝が良くなると「薄毛」が改善できるという記事を発見したので開始しました。

 

ですが、中々実感できる程の効果はなく諦めました。

 

他には「ストレス解消」を目的とした森林浴なども休日に行っていましたが同様に諦める結果になってしまいました。

 

最後に「育毛剤」を使いました。

 

何故、初めに使用しなかったかというとやはり若いのに「育毛剤」を使うということに抵抗がありました。

 

私の中ではおじさんが使うものだと解釈していましたからね。ですが、使ってみて意識が変わりました。

 

劇的にとは言えないですが、徐々に改善を実感できてきたのです。今では、もっと早くに使っていればと後悔しています。

 

若い人で「薄毛」に悩んでいる人に言わさせて頂きます。

 

「育毛剤」を使うことに抵抗がある気持ちはわかりますが気になりだしたら、直ぐに使用する事をオススメします。

 

後はストレスにならないように、「薄毛」について考えすぎない事です。

 

私は諦めなければ、結果はついてくると考えています。

 

直ぐに諦めるのではなく続けていきましょう。


ホーム RSS購読